製造工程

液レジスクリーン印刷(写真現像型ソルダーレジスト)

電子機器の高度化に伴い、それに使用するプリント基板も大雑把なものから微細な構造をもつものに進化しています。これに対応するために、液レジスクリーン印刷工法が多くの工場で採用されています。
当社も液レジスクリーン印刷工法を主力にしています。
この工法は先ずスクリーン印刷で樹脂を薄膜状に塗布します。次に光を部分的に照射して溶解性を変化させ、その後現像によって不要な部分を除去します。そして乾燥、文字印刷を経て工程は終了になります。

※写真をクリックすると拡大でご覧になれます。

材料受け入れ
材料受け入れ材料受け入れ材料受け入れ
印刷工法別仕分け作業
液レジ印刷工法
整面研磨(ジェットスクラブ、ケミカル)
整面研磨整面研磨
レジスト印刷、乾燥
レジスト印刷レジスト印刷
レジスト印刷、乾燥
仮乾燥仮乾燥
露光
露光露光露光
現像、検査
現像、検査現像、検査
本乾燥
本乾燥本乾燥
文字印刷、乾燥
文字印刷、乾燥文字印刷、乾燥文字印刷、乾燥
文字印刷、乾燥
文字印刷、乾燥文字印刷、乾燥
仕様確認、外観検査(修正)
仕様確認、外観検査(修正)仕様確認、外観検査(修正)
梱包、出荷

液レジスプレーコーター印刷(写真現像型ソルダーレジスト)

電子機器の高度化に伴い、それに使用するプリント基板も大雑把なものから微細な構造をもつものに進化しています。これに対応するために、液レジスクリーン印刷工法が多くの工場で採用されています。
当社も液レジスクリーン印刷工法を主力にしています。
この工法は先ずスクリーン印刷で樹脂を薄膜状に塗布します。次に光を部分的に照射して溶解性を変化させ、その後現像によって不要な部分を除去します。そして乾燥、文字印刷を経て工程は終了になります。

※写真をクリックすると拡大でご覧になれます。

材料受け入れ
材料受け入れ材料受け入れ材料受け入れ
印刷工法別仕分け作業
液レジスプレーコーター印刷工法
整面研磨(ジェットスクラブ、ケミカル)
整面研磨整面研磨
液レジスプレーコート
液レジスプレーコート液レジスプレーコート
ドライラック乾燥
ドライラック乾燥
露光
露光露光露光
現像、検査
現像、検査現像、検査
本乾燥
本乾燥本乾燥
文字印刷、乾燥
文字印刷、乾燥文字印刷、乾燥文字印刷、乾燥
文字印刷、乾燥
文字印刷、乾燥文字印刷、乾燥
仕様確認、外観検査(修正)
仕様確認、外観検査(修正)仕様確認、外観検査(修正)
梱包、出荷

スクリーン印刷工法(熱硬化型ソルダーレジスト)

スクリーン印刷工法は、直接必要な部分のみ樹脂を印刷するため比較的無駄が少なく、また大面積にも対応し易いという長所があります。
量産性にも優れていますが、微細構造への対応が難しいという欠点があります。
インキの基板への定着は熱で行います。

※写真をクリックすると拡大でご覧になれます。

材料受け入れ
材料受け入れ材料受け入れ材料受け入れ
印刷工法別仕分け作業
スクリーン印刷工法
整面研磨(ジェットスクラブ、ケミカル)
整面研磨整面研磨
レジスト印刷、乾燥
レジスト印刷レジスト印刷
整面研磨(ジェットスクラブ、ケミカル)
整面研磨整面研磨
レジスト印刷、乾燥
仮乾燥仮乾燥
文字印刷、乾燥
文字印刷、乾燥文字印刷、乾燥文字印刷、乾燥
文字印刷、乾燥
文字印刷、乾燥文字印刷、乾燥
仕様確認、外観検査(修正)
仕様確認、外観検査(修正)仕様確認、外観検査(修正)
梱包、出荷

UV印刷工法(UVインキ型ソルダーレジスト)

直接必要な部分に樹脂を印刷するところはスクリーン印刷と同じです。
従って、長所も同じですが微細構造の基板への対応が難しいという短所も同じです。
熱硬化型との違いは、樹脂の基板への定着を熱ではなく光で行うところにあります。

※写真をクリックすると拡大でご覧になれます。

材料受け入れ
材料受け入れ材料受け入れ材料受け入れ
印刷工法別仕分け作業
UV印刷工法
整面研磨(ジェットスクラブ、ケミカル)
整面研磨整面研磨
UVレジスト印刷、乾燥
整面研磨(ジェットスクラブ、ケミカル)
UVレジスト印刷、乾燥
UV文字印刷、乾燥
UV文字印刷、乾燥
仕様確認、外観検査(修正)
仕様確認、外観検査(修正)仕様確認、外観検査(修正)
梱包、出荷